おしゃれなキッチンにする掃除しやすい収納法

お洒落なキッチンに欠かせないのが清潔感

素敵なキッチンアイテムも、汚れていては台無しです

ごちゃごちゃ収納できていないキッチンも、おしゃれには見えません


台所は毎日、頻繁に使う場所なので、機能的であることが一番

そのためには「動線を考えた配置」と「掃除しやすい収納」が大切です


キッチンの動線を考えた配置

キッチン

調理の動線を考えると、自然とキッチンの収納や配置は決まってきます

ガス台、シンク、調理台などは動かせないからです


キッチンの広さに関わらず「火周り」と「水周り」に分けることがポイント

一気に洗って切って、一気に火を通し、一気に盛り付けする

そんな段取りにすると、手早く調理できます


キッチンで最も大きな家電である冷蔵庫は、シンクの近くが使いやすい配置

出した食材を洗ったり、冷やしておいたりするためです

キッチンの配置 動線に合わせて 調理しやすく

【キッチン】調理しやすい動線に沿った配置法

作業の「動線」に合わせて物を配置すると、調理はとっても楽になります。動線に沿って動けば、無駄なく、効率的に作業できるからです。キッチンの動線は、調理の手順に合わせることがポイント。食材を出す、調理する、盛り付ける、順番に配置してあるとスムーズです。


冷蔵庫を選ぶ時は、シンク前に立った時の「扉の向き」も大切

シンク側に冷蔵庫の取っ手があれば、スッと開けられます

取っ手が反対側だと、いちいち扉を閉めてからでなければ食材を出せません


キッチン家電というと何でもキッチンに置きがち

ですがキッチンで必要なのは調理に使う家電だけです


例えば、コーヒーメーカーや電気ケトルをキッチンで使うのは、水を入れる時だけ

リビングやダイニングに置いて、ポット部分だけ持ち運べば済みます

炊飯器も、中の釜だけ出して米を入れたら、テーブル近くのほうが便利です


炊飯器がテーブル近くにあるのなら、しゃもじと茶碗も一緒に

食事中にしか使わない「取り皿」「箸」「カトラリー」もキッチンに置く必要ありません


キッチンで必要なのは、調理に使う家電と盛り付けする皿やボウルだけ

例えばフードプロセッサーや電子レンジなどです

それ以外をキッチンから追い出すだけで、スペースの余裕ができます


キッチン収納

ダイニングキッチン

作り付けの「吊戸棚」や「引き出し」などをフル活用するのが収納のコツです

それらに全て収まるよう、物を厳選すれば、外に出ているものが少なくて済みます


キッチンは、水と油で汚れやすい場所

出ている物も、収納グッズも汚れます

出ているものが多いほど、それらを洗ったり拭いたりする手間が増えます


よく使う「塩」「醤油」「砂糖」などは小分けにして、使う場所ごとに置くと便利

  • 下ごしらえに使う調味料なら「シンク」や「作業台」の近くに
  • 仕上げの味付けに使う調味料なら「ガスコンロ」の近くに
  • 食べる時に使う調味料なら「食卓」の近くに

分散して置くと作業しやすく、買い忘れても別の場所から持ってくれば済みます

小分けしてしまえば本体のボトルなどは捨てられます


キッチンに限らず、収納の基本は「整理」「整頓」「整列」


  1. グルーピングして整理
  2. 置き場所を決めて整頓
  3. 見やすく並べて整列


この順番で収納していくと、出し入れしやすくなります


キッチン収納 見やすく取りやすく 片づけやすい収納法

【キッチン】収納のポイント整理・整頓・整列

キッチンは、ごちゃごちゃしがちな場所。大小さまざまな道具があり、食材も、食器も、ゴミもあります。買い物してきたら、とりあえずキッチンに置いて、そのままということも。頻繁に使う場所だけに、慣れると気にならなくなってしまいます。

収納グッズや収納家具を買うときは、何を入れるか決めてから

買ったものに合わせて収納すると、余計な物まで入れてしまいます

収納家具や収納グッズそのものが邪魔になったりもします


デザインが素敵なワインラックとか調味料入れなど

つい見せる収納にしたくなりますが、飾るならリビングやダイニングルームに


見せる収納か、隠す収納か、決めるポイントは「調理の頻度」です

外食したり、総菜などを買うことが多いなら隠す収納

頻繁に調理するなら、見せる収納のほうが使いやすく、掃除も行き届きます


掃除しやすいキッチン

キッチン収納

水はねや油汚れは調理するたびに発生し、放置すると余計に掃除は大変

使うたびにサッと拭き取っておけば汚れはすぐ取れます


キッチン掃除が億劫になるのは、物を置きすぎているからです

例えば、壁掛け収納しているワイヤーネット類

ワイヤー自体が汚れ、外して洗うのは、とても面倒

キッチンの壁面は、何もないほうが掃除が楽にできます


物を「飾らない」のがキレイなキッチンを保つポイント

キッチンは作業をする場所です

可愛いキッチン雑貨は、つい飾りたくなります

  • 可愛いソルト&ペッパーシェイカー
  • 素敵なコルクオープナー
  • 海外旅行で買ってきたタイルの鍋敷き
  • ガラス瓶に入れた保存食やハーブ

可愛い雑貨があると日常の調理が楽しくなることは確か

でも掃除が行き届かなくてベタベタになっていたら気が滅入ります

小さくて可愛い小物ひとつひとつ毎日ちゃんと洗うのも面倒です

キッチンは作業場と割り切って、スッキリ掃除しやすく

そのほうが毎日の調理が楽しくなります


頻繁に調理をするなら見せる収納にしたほうが、サッと手に取れて便利


ですが細々したものは引き出しやカゴに入れる方が掃除は楽です

引き出しの中やカゴの中も、定期的に全て出して中を掃除する必要があります


キッチンマットも敷かない方が、サッと床掃除ができます


スッキリしたキッチンにするポイントは、ゴミを処分すること

生ごみは、水気を切ると臭いやコバエの発生を抑えられます

紙に包んでからゴミ袋へ入れると効果的です


キッチン掃除 汚れを溜めずに いつもピカピカ

【キッチン】掃除のコツと分別ゴミの置き場所

キッチンは、最も衛生管理をしておきたいのに、最も汚れやすい場所。使用頻度が高く、水と油とホコリで汚れ、物が多くて掃除しにくいからです。まずは分別ごみの置き場所を確保することで、余計な物が溜まるのを防げます。買い物した時のパッケージ、使い終わった容器や生ごみは、すぐ捨てることが肝心です。


シンク周り、コンロ周り、壁面、床、キッチン掃除は毎日やらないと汚れが溜まります


そもそもホコリや汚れが付くのは、そんなに頻繁に使っていないということ

全て外して洗い、引き出しなどに収納したらサッパリします

もしかしたら処分してもいいモノかもしれません


Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail