【キッチン】調理しやすい動線に沿った配置法

作業の「動線」に合わせて物を配置すると、調理はとっても楽になります

動線に沿って動けば、無駄なく、効率的に作業できるからです


キッチンの動線は、調理の手順に合わせることがポイント

食材を出す、調理する、盛り付ける、順番に配置してあるとスムーズです

そのため「冷蔵庫」「シンク」「ガス台」それぞれ使うものを配置します


調理の手順と導線

調理の段取りに沿って導線を作ると、スムーズに作業ができます

まずは献立を考え、必要な材料を揃えます

レシピを見ながら作るなら、ノートや本を置く場所も必要です


次に、冷蔵庫や食品保存棚などから使う食材を出します

そのため食品を置く場所は1か所に集めた方が、出し入れが楽です


【調理の下準備】

出した食材は、それぞれ計量したり、洗ったり、切ったり、下準備します

それらの作業をする場所がシンク周り

ですから計量、洗い、切るための道具を集めて置きます


下準備は一気に行い、まとめて調理すると手早く作業できます

そのため計量した調味料、切った食材、それぞれボウルなどに入れておくとスムーズです


火を通さないサラダやマリネなどは、冷蔵庫に入れておくとスペースが空きます


下茹でする食材は、一気に茹でてしまうと時間も手間も省けます

ですから最初に野菜を茹で、取り出したら、同じ鍋で肉や魚も茹でてしまいます


【調理の仕上げ】

オーブン料理なら、調味した食材を入れてタイマーをセットするだけ

煮物なら、調味料と食材を入れた鍋を火にかけます

その間に、洗い物や炒め物などができます


炒め物に使うフライパンは、ガス台の近くが便利

ですが茹でたり煮たり、水を加える鍋類は、シンク周りのほうが便利です


【盛り付け】

最後に、盛り付けするための作業台が必要です

シンク横のスペースに洗い物カゴなど置いてあると作業台が足りません

ですからカウンターやワゴンなどがあると、盛り付けスペースとして重宝します


コの字型のキッチンが使いやすいのは、シンク、ガス台、作業台それぞれを確保できるからです


一般的なキッチンなら、後ろにカウンターや食器棚を置く配置になります

シンクで使う物、ガス台で使う物、それぞれ近くに、まとめて置くはずです

配膳台として使える、何も置いていないスペースを確保することが大切です


冷蔵庫の置き場所

キッチン収納

火を通さない刺身やサラダなどは、盛り付けするまで冷蔵庫に入れておきます

ですから冷蔵庫は「シンクの近く」に置くと使いやすいものです


冷蔵庫に入れない乾物や缶詰などの食材も、近くにあると一緒に出せます

電子レンジを上に置いているなら、その上にカゴなど乗せて入れておきます

シンクで使うザルとボウルなどを置いても便利です


水周りに置くもの

シンクでの作業は、主に「調理の下準備」「洗い物」の2つ

ですから「切る」「洗う」「下味を付ける」道具を置きます


【切る道具】

シンクの近くに置きたいのが「包丁」と「まな板」

ですがシンク下は不衛生になりがちです

キッチンのシンク下

引き出しがあるなら、そこに包丁を入れると出し入れしやすくなります

マグネットで壁に包丁をくっつけても便利

邪魔にならず、すぐ手に取れ、清潔です

まな板と包丁は近くに置くのがベスト

立てかけるなら、下の部分に湿り気が残らないよう、通気性を良く

スチールワイヤーのスタンドなら、すぐに乾きます

まな板とシンク周り

包丁まな板を一緒にしておけるスタンドも便利です

まな板は、フックに掛けておいても水が切れます

壁に掛けたカッティングボード

水回りは、洗い物もするので水しぶきが飛びやすい場所です

あまり物を置かないほうが、サッと拭けます


広々した作業スペースを確保しておくと、調理もしやすくなります


シンク下に入れるのは「重たいもの」と「湿気を気にしなくていいもの」

湿気がこもりやすいので、食材の保存には適しません


シンク下を全てゴミ置き場にしてしまうと、キッチンにゴミ箱を置かなくて済みます

生ごみは、紙に包んでからゴミ袋に入れるとコバエや臭いが発生しません

ビン、缶、ペットボトル、プラスチック、それぞれゴミ袋に入れて分別


ゴミ袋がいっぱいになって収集日に出したら、サッと拭いておくと清潔です


【洗う道具】

食器洗い

シンク周りに置きたいのが、洗う道具

「ザル」「ボウル」「スポンジ」「洗剤」「布巾」「台拭き」「ペーパータオル」「水切りカゴ」

洗い物おけは、ボウルなどで代用すると不要になります


水切りカゴも、畳んで仕舞っておけるスライド式ラックが便利

調理中はシンクの中を広々使え、洗った野菜などを置く場所としても使えます


【下味を付ける道具】

下味を付ける時の「ボウル」「計量カップ」「調味料」もシンク周りに置きたいもの

小さいものは引き出しに、大きなものは吊り棚に


壁掛けラックは便利ですが、小物が多いと掃除が大変です

キッチンのスパイスラック

ラックそのものも汚れます

キッチンの壁は、毎日、頻繁に使うものだけにして、できるだけ開けておくほうがサッと拭けます


火周りに置くもの

火の周りは油と湯気で汚れやすいので、あまり物を置かないほうが掃除が楽

吊り下げ収納をしているものが火や油の上に落ちて、危険なこともあります

吊り下げ収納するなら、こまごま小さなものを吊り下げないことがポイントです

キッチンのフライパン

壁に余分なものが掛かっていると、洗うのも拭くのも面倒になります


フライパンの収納はガス台下でもOK

ガス台下が「深い引き出し」タイプなら、ファイルボックスに1つずつ立てて

持ち手が上になるので、サッと出し入れできます

ガス台下が「オープン」スペースなら、薄い棚に置いて持ち手を手前に

炒め物に使う油などもガス台に置きたくなりますが、コンロの奥だと汚れがち

ガス台の下または後ろの棚などに置いた方が安全です


食器棚やワゴンなどを置いている場合、ガス台の近くに入れるのは、盛り付けする食器だけ

お椀や小鉢などを置ける配膳台として、スペースを空けておくと盛り付けが楽です

お玉や菜箸なども、配膳台の近くに仕舞っておきます


導線に沿って、まとめて1つの作業を済ませる癖をつけると、調理も片づけも楽

煮物、水切り、電子レンジやオーブンを使っている間は、洗い物などができます


キッチン収納 見やすく取りやすく 片づけやすい収納法

【キッチン】すっきり片付ける台所収納のコツ

キッチンは、ごちゃごちゃしがちな場所。大小さまざまな道具があり、食材も、食器も、ゴミもあります。買い物してきたら、とりあえずキッチンに置いて、そのままということも。頻繁に使う場所だけに、慣れると気にならなくなってしまいます。キッチンに置くより、別の場所に置いた方がよい調理器具や食器もあります。


Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail