【キャンドル】手作りする道具と作り方の基本

手作りキャンドルは、手軽に試せてアレンジも楽しめる趣味

昔は家庭で作られていたものなので、難しくはありません

パラフィン・ワックスを使ったキャンドル作りは簡単です

ワックスを温めて溶かし、型に入れて冷やし固めるだけ

色を着けたり、模様を付けたり、様々なアレンジ法があります

キャンドル作りの注意点

手作りキャンドル

キャンドル作りの注意点は「可燃物」を扱うこと

道具選びなどに気を付ける必要があります

  • 「可燃性」ワックスの取り扱い
  • 使用する道具や型の「素材」
  • 中心にキャンドルの「芯」を入れる方法

基本的に「油」なら何でも燃えますが、ススが出にくく長持ちする材料が最適です

例えば、廃油や動物性の油脂などは嫌な臭いが出ることがあります

油は臭いを吸着しやすいという性質があるからです


【可燃性ワックスの取り扱い】



可燃性ワックスは、容器を「直火にかけない」ことが大事です

ワックスを入れた鍋を直火にかけると引火する危険性があります

ですから必ず「湯煎」か「IHヒーター」を使うようにします

ワックスは溶かすと水のようにサラサラしています

けれど加熱すると沸騰せずに100℃以上になります

溶かしたワックスを容器に移す時など、火傷しないよう注意が必要です


【使用する道具や型の素材】



ワックスを溶かす時に最適なのは「IHヒーター」と「ホーローの鍋」

温度設定ができるIHヒーターなら加熱しすぎによる失敗が防げます

お湯を沸かして湯煎するより簡単ですし、引火の危険性もなく安全です

手作りキャンドルに使う道具や型は「食用油」や「食器洗剤」を塗っておきます

ワックスがくっつかないよう、コーティングするためです

【中心にキャンドルの芯を入れる方法】



ワックスを型に流し入れる前に「芯」を用意しておきます

芯を底面に固定させるため、先端に「座金」を付ける必要があります

市販の座金のほか「ゼムクリップ」でも代用できます

芯の先端を「割り箸」に挟み、ワックスを流し入れる容器の縁に置くと簡単です

容器の底に座金が付くようにして芯を固定しておきます


基本的なキャンドルの作り方

手作りのキャンドル

道具や材料を用意したら、キャンドル作りは3ステップだけ

  1. 型の中心に座金を付けた芯を垂らしておく
  2. ワックスを溶かす
  3. 溶かしたワックスを型に流し入れる

キャンドル作りを始める前に、道具や材料を全て近くに用意しておきます

これは加熱したワックスから目を離さないためです

製作途中で離れなくても済むので、安全にスムーズな作業ができます

【型の中央に座金を付けた芯を垂らしておく】



まずキャンドル作りを始める前に、芯と座金を用意しておきます

キャンドル用の芯は「木綿糸」を撚り合わせたもの

溶けたワックスに浸してから取り出し、まっすぐ伸ばして乾かします

クッキングシートやアルミハクの上に乗せておけばOK

市販の芯を使うと簡単です

芯は作りたいキャンドルの高さ+10cmの長さに切っておきます

芯の先端には「座金」を付けておきます

これは重りとなって型の底に沈み、芯が浮かず、垂直にするためのものです

雑貨ライトハウス
¥486 (2024/05/11 23:41時点 | 楽天市場調べ)

既にワックスのコーティングがしてあり、座金も付いた芯もあります

座金を取り付けた部分と反対側の芯を割り箸で挟み、型の縁に割り箸を掛けて固定

座金が容器の底に付くよう高さを調節して、垂直に垂らしておきます

【ワックスを溶かす】



石油が原料のパラフィンワックスは最もポピュラーな手作りキャンドル用ワックス

1cmくらいの粒状になっています

粒の状態では白いですが、溶けると無色透明になり、固まるとまた白くなります

ワックスは「60℃」くらいで溶けるので「温度計」で測りながら溶かします

高温になりすぎるとワックスが劣化してしまいます

失敗を防ぐためにも必ず用意しておきたい道具です

温度計は高価なものではありませんし、揚げ物など料理にも使えます

●湯煎でワックスを溶かす方法

ワックスは「少しずつ」入れて溶かすのがコツです

湯煎する場合まず底面が広い鍋に、お湯を入れて沸かします

炎が完全に隠れる大きさの鍋なら引火の危険性が少なくなります

お湯が湧いたら弱火にし、ワックスを溶かすための容器を入れます

ワックスは温度が高くなりすぎると引火しやすいので注意が必要

温度を測りながら作業し、決して直火に掛けないようにします

万が一ワックスに火がついて燃えた場合、絶対に水をかけないこと

水をかけるとワックスが浮いて火が大きくなります

容器を「蓋で覆う」か「重曹をかける」と火が消えます

●IHヒーターやホットプレートを使う方法

IHヒーターやホットプレートなら火を使わないので安全

温度設定ができるので、高温になりすぎる心配もありません

IHヒーターは、卓上で鍋物をしたり、ちょっとした料理なら十分に使えます

表面がツルっとしているので手入れも楽

価格も安いものなので、頻繁にキャンドル作りをするなら1台あると便利です

IHヒーターで使うならホーロー鍋を使います

鍋よりも使いやすいのが「ビーカー」です

持ちやすく、注ぎやすいので、とっても便利

調理にも使えますし、キッチンに置いても可愛いデザイン

鍋でワックスを溶かした場合「紙コップ」に移すと型に入れやすくなります

【溶かしたワックスを型に流し入れる】



型に入れたワックスから出ている「芯」は1cm長さに切っておきます

芯が長すぎると火をつけた時に煙が出るからです

そのまま室温で、ゆっくり固めると手作りキャンドルの出来上がり

ワックスは香りを吸着しやすいという性質を生かせるのがアロマキャンドル

手作り アロマキャンドル 香りを付けるコツ

アロマキャンドルの作り方と材料選びの注意点

アロマキャンドルは、香りを楽しむのに、とても適した方法です。なぜなら材料のパラフィンが溶け出す「70℃」は、最も香り成分が立ち上がりやすい温度だからです。アロマキャンドルの作り方で注意することは、香り成分が揮発しやすい点です。

本物の植物でデコレーションして芳香剤として使うこともできます

芳香剤として使う 植物で飾った アロマキャンドル

ボタニカルキャンドルの作り方ポイントと材料

ボタニカルキャンドルとは、本物の「植物」で飾ったキャンドル。そのため火を灯さず、芳香剤として使い、植物の色と香りを楽しみます。例えばドライフラワーやドライフルーツなど、様々な植物が飾りとして使えます。

ゼリー状のワックスを使うと透明なキャンドルを作ることができます

透明キャンドル ガラス容器に入れる ゼリー状のワックス

ジェルキャンドルの作り方と透明感の活かし方

ジェルキャンドルとは、ゼリー状のワックスで作る透明なキャンドル。そのため透明感を活かせるよう、ガラス容器に入れて作ります。不純物が多いと透明度が失われるため、染料は少なめにするのがコツです。

ワックスには石油系、植物系、動物系など、いろいろな種類があります

キャンドルの原料 石油・動物性油・植物油 様々な油から作れる♪

手作りキャンドル用のワックスの種類と使い方

キャンドル作りの原料は「石油」「動物性油」「植物性油」と数種類あります。石油から作られるワックスが最も安価で、取り扱いも簡単です。動物性油を使ったワックスが「蜜蝋」。植物油を使ったワックスが「ソイワックス」。蜜蝋やソイワックスは高価ですが、香りが良く、ススが出にくいのがメリットです。

植物から採取できるワックスにも様々な種類があります

ワックスが採れる ベイベリーやハゼ 庭木としても魅力的♪

ろうそくの原料が採れる植物とワックスの種類

ろうそくの原料は主に石油ですが、植物油や動物油なども使われます。そのため昔は、ろうそくが家庭で作られていました。例えば昔の日本で行灯に使われていたのが、クジラの油です。あるいは和ろうそくの原料となる「木蝋(もくろう)」は、櫨(ハゼ)の実から採れます。



当ブログ記事を整理して、アマゾンKindleの電子書籍と紙の本で出版しています

Unlimited会員なら無料でダウンロードできますので、よろしかったら覗いてみてください


キャンドル作りなど様々な体験ができるツアーに参加してみるのもオススメです

日本最大級のアクティビティ・遊び・体験・レジャー・日帰り旅行の予約サイト【アクティビティジャパン】



Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail