【自然栽培】トマトはニラ&バジルと共に栽培

トマトとバジルは一緒に料理しても栽培しても良い組み合わせ

近くに植えると、互いに味を良くして風味を高めます

「ニラ」や「バジル」をトマトと一緒に植えると病害虫を抑えられます

トマトの収穫後に栽培できるのが「ニンニク」

抗菌成分があり、強い香りで病害虫を防ぎ、モグラ除けにもなります

トマトとニンニクを交互に育てれば、様々な料理に使える組み合わせです

トマトの栽培プラン

トマトとバジル

トマトと相性が良いのはバジル。

他にも「ニラ」「イタリアンパセリ」「ネギ」「豆類」も合います。

【栽培カレンダー】

●トマト(ナス科)

生育の適温は15~25℃

南米アンデス高地が原産

日光が強く、乾燥気味で、昼夜の温度差が大きい地域。

「日当たりが良い場所」が適しています。

「畝を高く」して水はけを良くするのが育て方のコツです。

収穫時期に水分が多すぎると、糖度も酸度も低く、味が薄くなります。

●ニラ(ネギ科)

ニラは、トマトの連作障害を引き起こす病原菌を抑制します。

根の周辺で繁殖する微生物が抗生物質を出すからです。

ですからニラとトマトは「根が触れ合う」よう近くに植えると効果的。

ネギ類なども同様の効果がありますが、ニラのほうが効果的。

ニラの根は浅く伸びるので、トマトの根と触れ合うためです。

●バジル(シソ科)

バジルの強い香りが、トマトに付く害虫を寄せ付けません。

トマトもバジルも共に美味しくなる組み合わせです。

バジルは、トマトの日陰になることで葉が柔らかくなります。

セリ科の「イタリアンパセリ」も同様の育て方ができます。

普通のパセリはトマトとの相性が悪く、うまく育ちません。

●落花生(マメ科)

豆類が土を肥沃にし、トマトの生育を促進します。

根に付く根粒菌が空気中の窒素を吸収し、地中に固定するからです。

ネコブセンチュウなどの土壌害虫を退治する働きもします。

同じマメ科のエダマメでも同様の効果があります。

トマトの株から30cmくらい離して植えます。

【混植の組み合わせ例】



植え付けは「1m四方」のスペースにトマト「4本」くらい。

ニラやネギを、根が触れ合うようトマトと一緒に植えます。

近くには、バジル、イタリアンパセリ、エダマメを植えます。

植え付け場所の4隅に長さ2mの支柱を立てます。

中央で4本の支柱を縛って固定しておきます。

●4本の支柱に大玉トマト4株を植えるプラン

ニラと大玉トマトを、それぞれの支柱に添わせるように植えます。

支柱と支柱の間には、バジルとイタリアンパセリを1本ずつ。

●4本の支柱の間に中玉トマトとミニトマト1本ずつ植えるプラン

支柱2本の間に中玉トマトとネギを植えます。

対面の支柱2本の間にミニトマトを植えます。

左右の支柱の間には、バジルとイタリアンパセリを1本ずつ。

●4本の支柱の間にトマト2株を植えるプラン

2本の支柱の間にネギとトマト。

対面の支柱2本の間にニラとトマト。

左右の支柱の間には、片側に落花生、対面に枝豆。

【トマトの後に植える野菜】



トマトの収穫後には、秋野菜を植え付けできます。

「キャベツ」「ブロッコリ」「白菜」などアブラナ科の野菜や「ニンニク」。

肥料分が比較的よく残っているので、よく育ちます。

翌春は、同じナス科の野菜は植えないようにします。

例えばジャガイモなどを植えると連作障害を引き起こします。

トマトとバジルの栽培

ミニトマト

3月下旬に「バジル」「ニラ」「トマト」の種まきをします。

固定種なら種をとって来年に使えます。

¥253 (2024/07/19 11:40時点 | Amazon調べ)

育てやすく、たくさん収穫でき、美味しいのが「シュガーランプのミニ品種」です。

そして5月下旬、トマト、ニラ、バジルの苗を「同時に」植え付けします。

【トマト、ニラ、バジルの苗を同時に植え付け】



苗は「植え付けする前日」に鉢底から吸水させておきます。

トマトは「本葉5~6枚」で、つぼみが小さい若苗を選びます。

ニラは、トマトの苗を植え付けする時に植え穴に一緒に入れます。

植え穴にニラを入れて根を広げ、その上にトマトの根鉢を置きます。

トマトの「つぼみを通路側に向けて植える」と、収穫しやすくなります。

市販のトマト苗は、多くがポットの中で根が回っています。

植えつける時に「根鉢を横に」して植え、葉は上部の3枚だけ残します。

すると茎から根が出て、しっかり根付き、旺盛に育って病害虫に強くなります。

植え付けした場所の半径15cm以内の「草」を刈り取って地面に敷きます。

バジルは「小さめの苗」を選びます。

「本葉6枚」くらいで上部の茎を切り取り、脇から出てくる芽を育てます。

トマトの株から30cmくらい離してバジルを植えます。

【トマトの脇芽を取って減らす】

トマトは葉と葉の間から「脇芽」が伸びてきます。

「一つ目の花房のすぐ下」にある「勢いの強い脇芽だけ」残して枝を2本にします。

大玉トマトの場合は、この脇芽も取って枝を1本にします。

順調に生育していれば「花房」「葉」「葉」「葉」「花房」の順で生長します。

花房が1つでも開花したら、その下の脇芽は全て切り取ります。

二つ目の花房が付いたら「開花するたびに」その下の1葉だけ残して脇芽を切り取ります。

残した茎は「葉の下」で支柱に縛り付けて誘引します。

茎が支柱の上まで伸びたら「花房の1つ上の葉」を残して「先端」を切ります。

花房を5段くらいにして、残った実に水分と養分を集中させるのがポイントです。


収穫時期に水分が多すぎると、糖度も酸度も低く、味が薄くなります。

実が付き始めたら乾燥気味にするほうが美味しくなります。

株元に生えてくる「草」を刈り取って周囲に敷くと、乾燥しすぎるのを防げます。

【トマトの栄養状態を調整する】

トマトは「養分が少なめ」のほうが甘くなります。

かといって栄養不足でも美味しい果実は実りません。

1週間に1度くらい「先端の葉」を見てトマトの栄養状態を診断します。

●トマトが健康な状態

  • 葉に露が出る
  • 脇芽が伸びる
  • 葉がスッキリと伸びている

●トマトの栄養が多すぎる状態

  • てっぺんの先端部分(成長点)が太くなって曲がる
  • 茎が大きく扁平気味
  • 脇芽が15cm以上になっている
  • 花房が貧弱で、ややよじれ、ガクだけが伸びている
  • 節と節の間が短くなっている
  • 葉の色が濃い緑色で内側にカールしている

栄養が多すぎる場合には、脇芽にある葉のうち2枚だけを残して切り取ります。

さらに1週間後に、葉を1枚だけ残して切り取ります。

●トマトが栄養不足の状態

  • てっぺんの葉が、やや上向きになって巻いている
  • 茎が細くなっている
  • 葉の色が薄く褪せている
  • 脇芽が伸びていない

栄養不足の場合には、地面に敷いた草の上から「米ぬか」を一掴みまきます。

お米の専門店中野商店
¥880 (2024/07/22 11:54時点 | 楽天市場調べ)

【トマト、ニラ、バジルの収穫】



トマトは「実が株についたまま」完熟するまで待って収穫します。

実の底面部分に「星型の筋」が出たら完熟しているサイン。

「常温」で保管し、食べる2時間前に冷蔵庫で冷やすと美味しくなります。

ニラはどんどん葉が伸びるので、刈り取って収穫します。

株元から「5cm」くらい残して切ると、また葉が伸びてきます。

トマトの収穫が終わった後も収穫できます。

ニラは収穫して掘り上げたら移植も可能です。

株が増えていたら「株分け」もできます。

バジルは初霜が降りる頃には枯れてきます。

株元で刈り取り、地面に敷いておきます。

ニンニクは多くの野菜と混植でき、収穫後は長く保存できます。

ニンニクと一緒に育てると 病虫害が付きやすい 花や野菜も元気に

【自然栽培】ニンニクを収穫するための育て方

ニンニクは多くの野菜と混植でき、強い香り成分と土中での殺菌効果で病害虫を防ぎます。特に「イチゴ」「トマト」「ナス」「キュウリ」とは相性が良い組み合わせです。ニンニクを収穫するには、他の植物とは別に育てる必要があります。


「コリアンダー」も育てると夏にピッタリなメキシコ料理に。

トマトとニンニクで「サルサソース」も作れます。

エスニック料理に欠かせない香りの強いハーブを使い分ける!

コリアンダーの使い方と種と葉で全く違う風味

コリアンダーは、濃い味付けのエスニック料理に向くスパイスです。香りも味も強く、タイ料理や中華料理によく使われます。


トルティーヤも案外と簡単に作れます。

メキシコ料理で夏のホームパーティ!各自好みの具材を手巻き

自家製トルティーヤとサルサソースの作り方

簡単に作れて、冷凍保存できるサルサソースとトルティーヤ。サルサソースは材料を煮詰めるだけ。トルティーヤは小麦粉を練ってフライパンで焼くだけです。



自然栽培おすすめ本

自然菜園の作り方は、竹内孝功さんの本がとても参考になります。



当ブログの記事を整理して電子書籍と紙の書籍で出版しています。

Unlimited会員なら無料でダウンロードできますので、よろしかったら覗いてみてください。



Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail