雑草を抑制できる敷石・レンガ・砂利を敷き方

雑草を抑えるなら「敷石」「レンガ」「砂利」を敷くのが簡単

それぞれメリット、デメリットがあります

敷いた後のメンテナンスまで考慮して場所を選ぶのがコツです

コンクリートやモルタルを使わなければ、素人でも施工できます

例えば「砂」でレンガを固定する方法です

地面に敷くだけなら、しっかり固めてしまう必要はありません

砂利のメリットとデメリット

砂利を敷いた庭

砂利のメリットは「施工が簡単」で「形を自由にできる」ことです。

狭い場所でも、曲がりくねった場所でも合わせられ、レイアウトが自由。

最も手軽に敷けるのが砂利ですが、デメリットもあります。

  • 隙間から雑草が生えてくる
  • 砂利が地面に埋まってしまう
  • 落ち葉などを掃除しにくい

地面に砂利を敷いただけでは隙間から雑草が生えてきます。

完全に雑草を防ぐには「ビニールシート」を敷いた上に砂利を敷くことです。

シートを敷いておかないと、砂利が地面に埋まっていきます。

とはいえシートは数年で劣化するため、砂利を外して敷きなおす必要があります。

地面を「モルタル」や「漆喰」で固めてから砂利を敷けば長持ちします。

歩いたり、箒で掃いたりすると、砂利が動いて減っていきます。

ですから「頻繁に歩く場所」や、落ち葉が多い「落葉樹の下」に砂利は不向きです。

数年後には減った分の砂利を足す必要が出てきます。



外壁の周囲など、あまり人が歩かない場所なら砂利が手軽です。

南向きや西向きの地面に適しているのが「溶岩砂利」。

「打ち水効果」が非常に高く、真夏の暑さを和らげるからです。

気泡が多くゴツゴツしているので、通気性が良く、保水力もあります。

¥3,115 (2023/12/31 13:08時点 | Amazon調べ)



泥棒に侵入されやすい通路に最適なのが「防犯砂利」。

歩くと高い音が鳴るので、侵入者に早く気づけます。

  • 1階の窓
  • ベランダの外
  • 玄関アプローチ

こういった部分に敷いておくと、泥棒などは音を嫌って侵入してきません。

砂利の必要量は、4cm厚さに敷く場合で「1平方メートル当たり40リットル」が目安。

多めに注文しておくと減ってきたときに補充できます。

植物のグリーンが映えるレンガ

イングリッシュガーデン

レンガは、どんな庭にも合わせやすく、扱いやすい素材。

1個が小さいので女性でも持ち運びできます。

大きさが一定なので綺麗に並べるのも簡単です。

庭木や植物を植えてある場所を避けながら、レンガの小道を作ることもできます。

地面にレンガを敷く場合は「砂」で固定しておく方法が簡単。

乾いた砂は微調整しながら作業できるからです。

後からレイアウト変更などできるのも砂のメリットです。

モルタルを使うと、乾く前に修正しないと固まってしまいます。

【レンガのサイズ】



レンガの標準サイズは「21×10×6cm」です。

建築金物 SHOP
¥170 (2024/05/14 01:03時点 | 楽天市場調べ)

長さを半分にしたのが「半マス」。

厚みを半分にしたのが「半ペン」と呼ばれます。

建築金物 SHOP
¥136 (2024/05/14 01:03時点 | 楽天市場調べ)

アンティークレンガは、大きさや形が不ぞろい。

敷き方が難しいけれど、いい感じに仕上がります。

【レンガ道のレイアウト】



まずはレンガを地面に置いて、レイアウトを決めます。

  • 小道を「S字状」にすると奥行を感じさせて広く見える
  • 歩く方向に対してレンガを「横」に並べると、広がりを感じさせる
  • 歩く方向に対してレンガを「縦」に並べると奥行を感じさせる

小道の形やレンガの並べ方で印象が変わります。

置いてみることで、必要なレンガの「個数」も確認できます。

足りなければ「小道の幅」や「隙間の間隔」を変えると調整が可能です。

レンガの置き方が決まったら、その範囲の「外側」にレンガを置いて目印にします。

それから小道にする部分の土を掘り出します。

【地面の整地】



小道部分の地面は「15cm」くらい掘って平らにならしておきます。

レンガの厚み分6cmと、底に5cm厚さの「砕石」と4cm厚さの「砂」を敷くためです。

砕石と砂を敷くことでレンガが地面に埋まっていくのを防げます。

薄く土を掘る時に便利なのが「ジョレン」。

刃先が平らで短いクワで、深く掘りすぎず、平らにならせます。

¥3,039 (2024/05/12 16:50時点 | Amazon調べ)

柄の部分が長いと楽に作業ができます。

地面の整地にも使える便利な道具です。

【整地】地面を平らにならす方法と便利な道具

シンプルなジョレンは、植物を植えた後に、土を根元に寄せる時などにも使えます。

【砕石と砂を敷く】



まず「砕石」を敷いてから、その上に「砂」を敷きます。

こうすることでレンガが地面に埋まるのを防げるからです。

5cmの厚みで敷く場合に必要な「砕石」の量の目安

  • 1平方メートル当たり100リットル
  • 75~90㎏

砕石を敷いたら上に「板」を乗せ、足で踏み固めて平らにします。

砕石の上に砂を敷き、同様にして平らにしておきます。

4cmの厚みで敷く場合に必要な「砂」の量の目安

  • 1平方メートル当たり80リットル
  • 63~72㎏

砂の上にレンガを乗せて配置を確定します。

【レンガを敷いて砂で固定する】



仮置きしたとおりにレンガを戻し、小道に敷いていきます。

レンガが浮いている部分は「ゴムハンマー」で叩くと平らにできます。

全てのレンガが敷けたら、レンガの上から「砂」をまきます。

「ホウキ」で掃くと、レンガとレンガの間に砂が入って固定されます。

最後にジョーロで水をまき、砂を落ち着かせたら完成です。

広い場所に最適な大きな敷石

敷石の階段

玄関アプローチや階段に適しているのが「ステップストーン」と呼ばれる大きな敷石。

同じサイズに切りそろえてあるので綺麗に並べられます。

大きいので早く敷けるというメリットもあります。

表面が平らなのでテーブルと椅子を置くスペースなどに最適。

落ち葉を掃き集めやすいので、落葉樹の下にも使えます。

涼しい木陰に、椅子とテーブルを置くことができます。


ステップストーンには形、大きさ、色、素材、豊富な種類があります。

平たく大きいので地面に置くだけでも安定します。

最初は地面に置くだけにしておくと後から変更できて便利。

そのままで問題なければ固める必要はありません。

位置が確定して固定したい場合は「砂」や「漆喰」を使うとリサイクルができます。

漆喰なら後から壊して作り直すことができますが、固まるまでには1~2カ月かかります。

セメントを加えたモルタルを使えば数日で固まりますが、後からリサイクルはできません。

漆喰は「砂2:消石灰1」、モルタルは「セメント1:砂2~3」。

材料を混ぜてから水を加え、耳たぶくらいの硬さに練ります。

作業は「奥」から始め、後ろに下がりながら進めるとスムーズです。

敷石を仮置きしてみて、一枚ずつ外しながら漆喰やモルタルで固めます。

浮いている部分は「ゴムハンマー」で叩くと平らにできます。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥622 (2024/05/18 17:36時点 | 楽天市場調べ)

目地からはみ出した漆喰やモルタルは、乾かないうちに「濡らしたスポンジ」で拭き取ります。

建物の際など、敷石が納まらない部分は「砂利」で埋めるのが簡単です。

敷石をカットすることも可能ですが、複雑な形や細かいカットは無理。

直線的に切って敷石を小さくするだけの加工なら可能です。

カットしたい線上に「タガネ」を打ち、ハンマーでたたくと割れます。

タガネは彫刻などに使う「ノミ」で代用できます。


当ブログの記事を整理して電子書籍と紙の書籍で出版しています。

Unlimited会員なら無料でダウンロードできますので、よろしかったら覗いてみてください。




Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail