リサイクルができる!土に還る♪自然素材の庭

枯草や落ち葉を堆肥にするように、通路やフェンスもリサイクルできる素材で作りたい

庭づくりは一度で完成するものではなく、少しずつ形を変えていくものだからです

年齢や家族構成の変化に応じて庭での過ごし方も変わります

自分の好みだって変化します

ですから庭の構造物は解体して再利用できると便利です

木材や石などの自然素材は、廃棄しても土に還ります

セメントを使わない構造物

レンガ塀

レンガの「小道」や「花壇」を作る場合、セメントで固めてしまう必要はありません。

建物を建てたり、車が通ったりする場所ではないからです。

地面に置く低い構造物なら「漆喰」などで固定しておくだけで充分。

むしろ壊して作り直せるほうが生活の変化にも対応できます。

特別な道具や重機などを使わなくてもいいので、自分で手作りできます。

コンクリートやモルタルで固めてしまうと、解体するのも大変。

大量の廃棄物として処理するしかありません。

通路やフェンスには、「レンガ」「石」「木材」「竹」など自然素材が使えます。

自然素材の良さは、劣化が「風合い」に変わることです。

コケがついたり色が変わったりしても、植物や風景に馴染んでいきます。

劣化したプラスチックや金属は、ただのゴミになってしまいます。

【たたきの作り方】



昔ながらの「たたき」は自分で簡単に作れ、解体して再利用もできます。

「土」を「石灰」で固めてあるだけだからです。

水はけが良く、崩せば土に戻せます。

  1. 材料を混ぜて、手で握った時に固まるくらいにする
  2. 厚さ3cmくらい地面に敷き詰める
  3. 板などを置いて平らにならし、足で踏み固め、木づちで叩く
  4. 3~4回くりかえしたら、レンガゴテで表面を平らに仕上げる
  5. 3日くらいおいてから表面をタワシでこすって滑らかにする

材料は「砂5:消石灰1」に粗塩(1%)を水で溶いてから加えます。

「ふのり」や「つのまた」を粘着剤として加えると、より固まりやすくなります。

「つのまた」は刺身のツマなどに使われる海藻で、漆喰などの粘着剤として使われてきたものです。

早く固めるためにはセメントなどを入れますが、入れなくても固まります。

ただ1~2カ月ほど時間がかかるだけ。

公道を作るわけではないのだから、急ぐ必要はありません。

土間や軒下などの舗装として一般家庭でも使われていた手法です。

【漆喰の使い方】



壁塗りの素材として使われる「漆喰」。

レンガを積み上げる時の接着剤としても使えます。

消石灰の原料はサンゴ礁から採れる石灰石です。

それを焼いて水を加えたものが消石灰。

海苔などの乾燥剤としても使われています。

漆喰の材料も、たたきとほぼ同じ。

細かな砂2:消石灰1」の割合で混ぜます。

少しずつ水を加えて耳たぶくらいの硬さになるまで練ります。

しっかり漆喰が固まるまでには1カ月くらいかかります。

モルタルほど強く固まらないので、あまり高く積み上げると危険。

けれどレンガ2~3段くらいの花壇なら漆喰で十分です。

●モルタルの材料と使い方

モルタルとは「セメント1:砂2~3」を混ぜてから「水」を加えて練ったもの。

これに「砂利」も加えるとコンクリートになります。

どちらもセメントの比率を多くするほど強度が増します。

セメントの原料は「石灰石」「粘土」「けい石」「酸化鉄」「石膏」など。

70~80%が石灰石です。

強度があるだけに壊すのも大変です。

モルタルやコンクリートを作る場合も「耳たぶ」くらいの硬さが適度。

柔らかい方が施工しやすいですが、乾くまでに時間がかかります。

漆喰やモルタルで施工する時のコツ

漆喰やモルタルを使った作業は「晴天の日」が適しています。

曇りの日は空気が湿っていて固まりにくいため、乾くのに時間がかかってしまいます。

ただし作業に慣れないうちは曇りの日が良いかもしれません。

時間をかけて作業したほうが落ち着いて進められるからです。

漆喰やモルタルが乾く前なら多少の変更もできます。

●漆喰やモルタルを使う時の道具

材料を練るための「容器」が必要です。

平たいバットのような形が使いやすく、ネコトイレなどでも代用できます。 

¥1,578 (2024/02/28 01:13時点 | Amazon調べ)

材料を練る時、レンガに塗る時には、レンガ積み専用の「レンガコテ」が便利。

先端が尖っているので、隅の部分など細かな調整ができます。

¥789 (2024/03/01 22:08時点 | Amazon調べ)

並べたレンガを叩いて平らにする時には「ゴムハンマー」を使います。

ゴムなのでレンガを傷つける心配なく作業ができるからです。

ゴム部分が白いハンマーなら素材にゴムの色が移る心配がありません。

木工や手芸にも使えるので、あると便利です。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥622 (2024/02/24 21:36時点 | 楽天市場調べ)

レンガとレンガの間は「目地ゴテ」を使うと仕上がりが綺麗。

細いコテに合わせて目地を整えれば、一定の間隔に揃えられます。

¥268 (2024/02/25 14:54時点 | Amazon調べ)

目地コテにはサイズの種類があるので、目地の幅を広くしたり狭くしたりもできます。

自然素材の構造物

レンガとウッドフェンス

庭の「通路」や「フェンス」なども自然素材を使うとリサイクルできます。

例えばレンガ自然石を敷いた通路や、を組んだフェンス。

場所を変えたり、サイズを変えたり、後からリメイクもできます。

庭木や宿根草が大きく育った時など、通路など構造物の位置を変更できるのは便利です。

【レンガや自然石の通路】



人が歩く通路には「レンガ」や「石」を敷いておくと水はけが良くなります。

雑草を抑える役割も果たします。

植物のグリーンとコントラストがついて庭のアクセントにもなります。

地面に敷き詰めるレンガなら、「砂」だけでも固定できます。

目地の間に砂を入れておくだけなので、通路の場所や形を変更するのも簡単。

砂は土に混じっても構いませんし、丁寧に集めれば再利用できます。

「砂利」も地面に敷くだけなので施工が簡単。

水はけが良くなるので、外水栓の周囲とか雨水が落ちる軒下などに適します。

ただしホウキで掃くと砂利が移動してしまいます。

ですから大量に落ち葉が溜まる落葉樹の下などに、砂利は向きません。

砂利は少しずつ減るので、数年後には足す必要も出てきます。

ステップストーンの敷き方~敷石で雑草を押さえる!~

【雑草】敷石・レンガ・砂利を敷いて抑制する

雑草を抑えるなら「敷石」「レンガ」「砂利」を敷くのが簡単。コンクリートやモルタルを使わなければ、素人でも施工できます。例えば「砂」でレンガを固定する方法です。


【木や竹のフェンス】



敷地の周囲に巡らす「フェンス」も木や竹なら再利用できて便利。

木や竹ならナタやノコギリで切断できるので、素人でも楽に解体できます。

フェンスに使った木や竹も、古くなったら取り替えられます。

植物の支柱として使ったり、バーベキューの時などの薪にしたりして使えます。

燃やした後の灰も肥料として使えます。

細いを組んで作るフェンスやトレリスなら、クギやネジも不要。

麻紐などで縛っておくだけでも充分です。そのまま捨てても土に還ります。

フェンスに「蔓バラ」を這わせておくと、野生動物の侵入などを防げます。

コンクリートのブロック塀などは地震で倒れた場合など危険です。

形を変えたり場所を変えたりもできません。



「リサイクルできる庭」というアイディアを得た本が『川口豊のエコガーデン』。

もったいない本舗 楽天市場店
¥690 (2024/02/28 01:13時点 | 楽天市場調べ)

エコガーデンのキーワードは「頑丈すぎない」「リサイクルできる」

『川口豊のエコガーデン』より

 

時間をかけて作り上げていくのが庭。

その時々で好きなテイストも変化するかもしれません。

壊して作り直せる庭なら、いつでも新鮮です。



Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail