【バラ】別の場所へ移植する時の注意点とコツ

大切に育てたバラなら、家を引っ越す時にも持っていきたいはず

庭のバラを別の場所へ植え替えたい場合もあります

バラを移植する時の注意点とコツは「時期」と「事前の準備」です

しっかり根を張っているバラを引き抜くのは勇気がいります

けれど時期や掘り上げ方に注意すれば、移植は難しくありません

むしろ古くなった株が更新されるので若返る効果があります

バラを移植するのに適した時期

バラのフェンス

バラに限らず、植物の移植に適しているのは「休眠」している時期。

少し寒さが和らぎ始める「3月はじめ」頃が最適です。

花が咲き終わり、養分を蓄え、冬の寒さに耐えた後。

そろそろ根や芽が伸び始めようとしている時期。

その頃なら、切ったところから新しい根や枝が出てきやすくなっています。

真冬や真夏は植物にとっても厳しい時期なので、移植や剪定を控えます。

花が咲いている時期は、養分を使い果たして弱っているので動かさないようにします。


バラを移植する前の準備

バラの剪定

移植をする時には、時期を選んで計画的に進めます。

特に大きくなったバラは、いきなり掘り上げるのは難しいからです。

休眠前のに「根切り」をしておき、春に掘り上げ、新しい場所へ植えつけます。

植えつける場所の土も、前年の秋から準備しておくのがベストです。


【移植前の秋に根切りしておく】



庭木の移植をする前には、あらかじめ「根切り」という作業をします。

大きくなった庭木は、根も長く伸びて広がっているからです。

根切りをするのは休眠前の

バラなら、秋の花が咲き終わった頃です。

根きりの方法は、移植する木の周囲ぐるりとスコップを突き刺しておくだけ。

先がとがった剣先スコップを使い、深さ30cmくらいまで突き刺すと根が切れます。

こうすると切った部分から細い根が伸びてきて、移植しても根付きやすくなります。

根切りをした直後には水を与えておきますが、その後、冬の間は水やりをしません。

【地上部も切って根と同じ大きさにしておく】



根を切ったら、地上部も同じくらいの大きさに切り詰めます。

地下の「根」と地上部の「枝」を、同じ大きさにすることでバランスが取れるからです。

根切りをした範囲より外へ伸びているは、全て切り詰めて小さくします。

太い枝なら先端の細い部分だけ。

細い枝なら付け根から切り落として構いません。

枝切りには錆びにくい剪定ばさみが1本あると重宝します。

太い枝が一部だけ偏って伸びている場合、全て切ると枝数が少なくなってしまいます。

枝と枝の間に竹や板を挟んで広げておけば、切らずに整えられます。

移植しない場合でも、冬はバラの葉を全て取り除くほうが寒さに耐えられます。


【バラを植える場所の土づくり】



移植先の準備を整えてから掘り上げるのがベストです。

移植する場所の土は、深く、広く、掘っておきます。

  • 大輪のバラなら直径70~100cm
  • 中輪のバラなら直径60~70cm
  • つるバラなら直径200~400cm
  • シュラブローズなら100~200cm
  • ミニバラなら直径20~40cm

穴底に堆肥を入れ、元肥を混ぜた土を用意しておきます。

プロ農業 家庭菜園のお店 井手商会
¥540 (2024/02/28 14:24時点 | 楽天市場調べ)

前年の秋から土の準備をしておけるのがベスト。

土を掘り起こしたら、穴をあけたままにしておきます。

こうすると冬の間に病害虫が死滅し、土も細かく柔らかくなるからです。

植えつけする前に、穴底に小石を敷き、堆肥と元肥を入れた土を入れておきます。


【春に掘り上げて移植する】



「温かくなり始めたら」バラを掘り上げます。

掘り上げる前に、たっぷり水やりして土を柔らかくしておきます。

根切りした部分より少し外側にスコップを入れ、土を掘り出していきます。

太い根はノコギリなどで切る必要があるかもしれません。

スコップやノコギリは、よく切れるように研ぎ、きれいに洗って清潔にしておきます。

汚れた道具を使うと、切り口から雑菌が入って根を傷める原因となるからです。

掘り上げた根が乾かないよう、すぐに水に浸け、土を落とします。

すぐに植えつけできない場合なら、根を「布」などで包んで「紐」で縛っておきます。

布で包んで移動させる場合には、土を全て落とさないようにします。

引っ越しする場合でも、布で包んだ状態が長くならないように。

できるだけギリギリに掘り上げるのがポイントです。


バラの植えつけ

赤いバラのアーチ

掘り上げたバラを植える位置を決め、根を均等に広げて植え付けします。

バラは深く植えるとシュートが出にくくなり、早く老化します。

接ぎ木した部分が地上に出るくらい、「浅めに」植えるのがコツです。

地上部の土を盛り上げて高くすると、水はけが良くなります。

根の間に土を入れるようにして固定します。

それから「支柱」を立てて幹と紐で縛り、ぐらつかないようにします。

たっぷりの水をやり、凹んだ部分に土を足し、地表を足で踏んでならしておきます。

バラと相性の良いハーブも一緒に植えると元気に育ちます。

バラと相性の良いハーブ 花の色で組み合わせると綺麗♪

【バラ】コンパニオンプランツで元気に育てる

コンパニオンプランツで、バラの無農薬栽培も可能になります。相性の良い植物を混植すると、バラの病害虫が減るからです。



バラを移植した後の管理

バラのアーチ

植えつけ直後には、たっぷり水やりしておきます。

晴天が続く場合なら2~3日後にも水やりします。

特に乾燥する地域や季節でなければ、植えてから3~7日くらい水やりすれば十分です。

新しい「葉」が出てくれば根付いています。

出てきたばかりの葉は柔らかく弱いので、少しずつ日光に慣らします。

日差しが強い場合には、薄い布をかけておきます。

直射日光が当たって葉焼けすると、株全体が弱ってしまいます。

バラがしっかり根付いてからは、定期的に剪定と誘引をしておきます。

春のバラは 切り花で楽しむ♪ 枝を切って新芽を伸ばしてやる

【バラ】剪定・誘引の時期と方法~整えるコツ

バラは剪定して枝を整理することで、生育状態も良くなります。日当たりや風通しが良くなり、新芽が伸びやすくなるからです。日当たりと風通しが良くなると、カビが原因の病気が減ります。



バラを移植して、お庭を模様替え。

引越し先の新しい場所にバラを植え替え。

庭の表情が変わって、バラも更新され、ますます楽しめるはずです。

当ブログ記事を整理して電子書籍と紙の本で出版しています。

Unlimited会員なら無料でダウンロードできますので、よろしかったら覗いてみてください。



Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail