バラの鉢植え病害虫を防いで丈夫に育てる方法

バラの鉢植えで、病害虫を防ぐポイントは「湿度」に注意すること

なぜなら病害虫の発生は「乾燥」や「湿気」が原因のことが多いからです

例えば乾燥しすぎると、害虫が付きやすくなるので「水やり」が欠かせません

かといってジメジメすると、カビが原因の病気が発生しやすくなります

そのため「剪定」で風通し良くすることが、病気予防になります

剪定と水やりの2点に注意するだけで、防げる病害虫は少なくありません


バラの鉢植え剪定

バラの剪定

バラの剪定に適しているのは、「花が終わった時期」と「休眠中の冬」です

例えば鉢植えのミニバラなら、咲き終わった花と枯れ枝を取り除く程度

そして冬になったら、伸びすぎた枝を切って全体の形を整えます


  • まず「枯葉」「枯れ枝」を全て取り除く
  • 残す枝は「芽が外側に付いている位置」で切る
  • 切る部分は「芽の先1cm」を残す
  • 切り口を「水平に」する


鉢の中心部に空気が通るよう、内向きの枝は取り除きます


春のバラは 切り花で楽しむ♪ 枝を切って新芽を伸ばしてやる

【バラ】剪定・誘引の時期と方法~整えるコツ

日当たりと風通しが良くなると、カビが原因の病気が減ります。枝を切って減らすと養分が行きわたり、新しい芽が付きます。古い枝を切ると新しい芽が伸びて、そこに花が咲きます。


バラの鉢植えに欠かせない水やり

ベランダのバラ

鉢植えの場合、水が不足すると、たちまち弱ってしまいます

特に花が咲いている時期は多くの水を吸収します

とはいえ毎日、定期的に水やりする必要はありません


常に土が湿った状態にしておくと、病害虫が発生しやすくなります


【鉢植えに水やりするタイミング】

水やりの基本は「土の表面が乾いているとき」「鉢底から流れ出るまで」たっぷり

ですから土が湿っていたら水やりしません

水やりするのは「早朝」または「夕方」です


特にバラは夜間に成長するので、夕方の水やりはバラの成長を促します


真夏の日中に水やりすると、すぐに水が蒸発して周辺の空気がジメジメする原因ともなります

ですから涼しくなる夕方になってから水やりします


そしてバラが休眠中の冬は、土がカラカラになっていても水やりは不要です

【鉢植えに水やりする方法】

花が咲いている時期は、花に水がかからないよう注意が必要です

なぜなら花びらが濡れると傷む原因となり、病害虫が付きやすくなるからです

そのため口が細いジョーロを使い、土に直接、水を注ぐようにして水やりします

鉢底から流れ出るまで水やりするのは、根の先端から出ている「細い根」まで水を行きわたらせるため

なぜなら植物は、細い根からしか水や養分を吸収できないからです


水やりには土の中の「微塵」や「病原菌」を洗い流す目的もあります

例えば細かな微塵が鉢底に溜まると土が硬くなり、根が水分や養分を吸収できません

たっぷり水やりすると、土中に潜んでいる病原菌や害虫の卵なども流れ出ます


バラの鉢植え病害虫を防ぐ手入れ法

鉢植え白バラ

病害虫は「新しく出た枝」や「新芽」の部分に発生しやいものです

そのため枝が伸びる春から夏には特に対策が必要です


乾燥によって発生するのが「うどんこ病」「ハダニ」「アブラムシ」です


花が咲いていない時期なら、葉の裏側に勢いよく「水」をかけると退治できます

そして花が咲いている時期なら「米ぬか」を塗るのが効果的です

アブラムシやハダニが窒息死し、米ぬかはバラの養分になります

バラの病害虫


鉢植え向きのバラ

ミニバラの鉢植え

鉢植えで育てやすいのが「四季咲き」の「ブッシュタイプ」のバラです

花の咲く時期が長く、枝が伸びすぎないためコンパクトに育てられます

例えば「ミニバラ」が四季咲きのブッシュタイプです

花の大きさによって、四季咲きバラは3種類に大別されます


  • 大輪の花が咲く「ハイブリッド系」
  • 中輪の花が咲く「フロリパンダ系」
  • 花が小さな「ミニバラ」



ブッシュタイプは「木立性」とも呼ばれ、花が咲くと成長が止まるのが特徴です

カタログなどで「ハイブリッドティ(HT)」「フロリパンダ(F)」「ポリアンサ(Pol)」「ミニ(Min)」「四季咲き性ブッシュローズ」と表記されています


花が小さいほど早く何度も咲き、大きくなりません

大輪のバラほど 咲くまでに時間がかかり、それだけ枝が伸び続けて大きくなります


【病気に強くコンパクトな白バラ】

フルーティな香りの「ボレロ」は鉢植え向きの白バラです

病気に強く、コンパクトに育ちます

高さ80cm、幅80cmくらい

トロピカルフルーツのような甘い香りが魅力です

バラの家 【バラ苗専門店】
¥3,480 (2024/07/14 01:36時点 | 楽天市場調べ)

真っ白な花びらの中央が淡いクリーム色で、とても綺麗

【トゲが少なくコンパクトなバラ】

ピンクの「サイレント・ラブ」は鉢植え向きの四季咲きバラ

冬の剪定で小さくでき、トゲが少ないので切り花にしやすいからです

高さ100cm、幅60cmくらい

枝は直立ぎみに大きく伸びて、新しい枝に豪華な花がたくさん咲きます

直径8~10cmの花は、ウェーブ状で美しいウェーブ状の花びら

バラの家 【バラ苗専門店】
¥3,480 (2024/07/14 01:36時点 | 楽天市場調べ)

ミントとハチミツのような強い香りがあります


【病気に強く美しいバラ】

印象派の画家モネに捧げられたのが「クロード・モネ」という品種

病気に強く、少しずつ変化していく花色が美しいバラです

高さ100cm、幅80cmくらい

咲き始めはピンクとアイボリーの花が少しずつ変化していきます

そして、ピンクと淡いオレンジの華やかな花びらになります

夏は花が小さくなりますが、次々と咲き続けます

【明るい雰囲気のオレンジ色のバラ】

ひらひら波打つ花びらが可愛い「ジャストジョイ」は明るく豪華なバラ

直径14cmにもなる大輪の花が、春から夏はアプリコット色です

ところが秋になると色が濃くなります

高さ100cmくらい

バラの家 【バラ苗専門店】
¥1,280 (2022/05/14 13:20時点 | 楽天市場調べ)

香りが強く、切り花でも鉢植えでも楽しめます

【切り花で楽しめるバラ】

香りの強い「ジャンヌダルク」は切り花で楽しめるバラ

直径10cmの黄色い花が美しく、どんどん新しい枝が出て花が咲きます

高さ80cm、幅50cmくらい

花が咲くにつれて、アニスとフルーツのような強い香りも変化していきます

枝は太く直立してトゲが多めで、強い女性戦士の名にふさわしいバラです

バラの家 【バラ苗専門店】
¥3,780 (2024/07/18 17:16時点 | 楽天市場調べ)


バラの鉢植えを植え替えする

バラ苗が多く出回るのは、開花時期の「5~6月」と「10~11月」

まずは買ってきた時の鉢のままで水やりだけして育てます

そして花が終わったら、枝を切って植え替えします

花が咲いている時期に植え替えをすると、弱ってしまいます


【バラを植え替える時期】

バラの鉢植えは、定期的に植え替えする必要があります

鉢の中で根が伸びすぎると、水分や養分を吸収できなくなるからです

植え替え時期の目安は4つあります


  • 土の表面から根が出てきた時
  • 鉢の底から根が出てきた時
  • 水やりしても水がしみこんでいかなくなった時
  • 葉先が枯れたり、下葉が落ちた時

花が咲いていない「秋」か「春」に、鉢から取り出し、新しい土で植えなおします

バラ用の培養土を使うのが簡単で失敗しません

【バラを植え替えするコツ】

植え替えする前は水やりをせず、土を乾燥させておくのがコツです

するっとポットから出せるので根を傷めません

まずは新しく植える鉢を先に準備をしておきます

もっと大きく育てるなら、それまで植えていた鉢より一回り大きな鉢に植え替えします

小さく育てたい場合には、根や枝葉を切ってから同じ大きさの鉢に植え直します

【バラの植え替え方法】

土がこぼれないよう底穴にネットなどを敷きます

底穴のネットは害虫の侵入も防ぎます

水はけを良くするため、鉢の底には2~3cm深さまで小石を入れておきます

小石はネットの袋などに入れておくと、次の植え替えの時に取り出しやすくて便利です

ネット入りの小石は洗って何度でも使えます


植え替えする時には、葉を全て取り除き、枝も短く切っておきます

鉢から出した植物は、まず底の方にある根をほぐし、植え替える鉢の大きさに合わせて根を切ります


ぐるぐる巻いている根もハサミで切ります。

枝や根を切る時には「清潔なハサミ」を使うのがコツです

切れないハサミで傷をつけると、病原菌が侵入しやすなります

錆びにくい剪定ばさみが1本あると重宝します

用意した鉢に入れて高さを調節し、新しい土を入れて水やりします

凹んだところに土を足し、さらに土が凹まなくなるまで水を与えます

根付くまでは「支柱」を立てて、幹を麻ひもなどで固定しておくとグラグラしません


植え替え直後は「直射日光が当たらない場所に置く」のがポイントです

まだ根づいていないので、まずは根を育てることを優先します

新しい枝が伸びて「葉」が出てきたら根づいたサインです

日当たりの良い場所へ移動させて、枝や葉を育ててやります

成長期には肥料も必要です



バラの鉢植えに必要な肥料

ミニバラの鉢植え

バラの鉢植えは、地植えと違って定期的な施肥も必要です

とはいえ有機肥料を与えると病害虫を引き寄せるので、化成肥料が適しています

窒素、リン酸、カリウムの成分構成が分かりやすいこともメリットです


まずは土の上に固形肥料を置いておけば、水やりのたびに溶け出して効果が長く続きます


そして「春」と「秋」には、水やりの時に「薄い」液体肥料を加えると次々と花が咲きます

この時期には、花や実の養分となる「リン酸」が多めの肥料が効果的です

バラは冬になると休眠していますが、2月くらいから根は伸び始めています

この時期に与えると良いのが、翌年の枝葉を育てる「窒素」が多めの肥料です

水やりの時に、薄い液体肥料を与える程度で十分です


バラが弱っている時に肥料を与えるのは逆効果です

病害虫が発生している時に肥料を与えると、むしろ害虫や病原菌のエサとなってしまいます


真夏も、肥料が病原菌や害虫を引き寄せる原因となりがちなので与えません

植え替えをするときには「元肥」と表示されている肥料を土に混ぜ込んでおきます

そうすると少しずつ養分が土に溶けだし、春になると枝葉が伸び始めます

とはいえ培養土に肥料が入っている場合は、元肥を追加する必要はありません


バラの根が肥料に触れないよう、土の上に乗せておくタイプの固形肥料が便利です


PR

当ブログの記事を整理してアマゾンKindleの電子書籍と紙の書籍で出版しています

Unlimited会員なら無料でダウンロードできますので、よろしかったら覗いてみてください

  

Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail