衣類のカビ対策とカビ除去するための手入れ法

衣類のカビ対策には「収納場所」の湿気を取り除くことが肝心。

閉め切っているクローゼットや靴箱は湿気がこもりがちだからです。

例えば雨に濡れたアウターや靴は完全に乾いてから収納すること。

特に注意が必要なのが「革製品」「ウール」「木綿」の衣類。

カビは完全に除去しておかないと、すぐにまた生えてきます。

収納場所のカビ対策と、収納前の汚れ落としが非常に大事です。

衣類を収納する場所のカビ対策

ウォークインクローゼット

クローゼット、押入れ、タンス、靴箱のカビ対策が最も大事。

閉め切っていることが多いため、湿気がこもりやすいからです。

カビが繁殖しないための対策は3つ。

  • 収納場所の通気性を良くする
  • 衣類は乾いてから収納する
  • 汚れた衣類を収納しない

梅雨時なら扉を開け放しておいたり、扇風機などで風を通しておきます。

本革は水が沁みこみやすく、ウールや木綿は水分を保持するからです。

衣類は汚れを完全に取り除いてから収納することがカビ対策になります。


【クローゼットと靴箱のカビ対策】



通気性を良くするには、衣類や靴を入れすぎないこと。

床面に「すのこ」などを敷いておくのも効果的です。

扉を開けて、扇風機で強制的に風を送ることでも湿気を飛ばせます。

閉め切っている時期には「除湿剤」を入れておくこと。

除湿剤は定期的に交換しないと効果がなくなります。

こまめに掃除して、ゴミや汚れを取り除くことも大事。

汚れはカビ菌にとっての栄養源になってしまうからです。

掃除機をかけた後で「エタノール」で拭いておくと除菌できます。


【室内全体のカビ対策】



クローゼットや靴箱だけでなく、家全体の換気を良くすることも大事。

少しでもカビ菌が残っていれば、条件が整った時に一気に繁殖するからです。

室内に湿気がこもるとカビが繁殖しやすくなります。

特に室内に洗濯物を干している時などは注意が必要です。

除湿器のタンクに溜まった水は、こまめに捨てておきます。

カビが繁殖する条件は主に3つあります。

  • 湿度(60%以上)
  • 気温(20℃以上)
  • 汚れ(食べかす、ホコリ、ダニ、石鹸カス、皮脂)

春から夏、梅雨時は特にカビが増えますが、冬でもカビは繁殖します。

高気密、高断熱で室内環境が一定に保たれているからです。

さらに冬は結露が起きやすく、カビが繁殖しやすくなっています。

  • 窓の水滴を拭き取る
  • 結露防止シートを貼っておく

結露取りワイパーを使うと簡単に水分を取り除けます。

タンスの裏側などもカビが生えやすい場所。

壁から5cmくらい離して置くことでカビを防げます。

観葉植物の土なども水分を保持しているので注意。

葉を整理するなど通気性をよくしておくことも大事です。

衣類を収納する前に、きちんと手入れしておくことも大事です。

衣類を収納する前にカビを除去する

洗濯したスーツとワイシャツ

一度でもカビが生えたものは、完全に除去しておくことが大事。

目に見えなくてもカビ菌が繊維に入り込んでいるからです。

カビが生えやすい衣類は「ウール」「コットン」「レザー」。

水分を保持しやすく、繊維の中に汚れも沁み込みやすいからです。

ウールやコットンなら洗濯しておけば汚れを落とせます。

手袋やマフラーなどの小物類も汚れやすい衣類。

こまめに手洗いしておくとカビ予防にもなります。

型崩れしやすい帽子と 毛玉になりやすいカシミア の手入れ法

【洗濯】家庭で手洗いできる衣類小物の洗い方

帽子、手袋、マフラーなど、衣類小物は家庭で手洗い。衣類小物は、頻繁に身に着けているため汚れやすいからです。肌に触れるため「汗」や「化粧」などの汚れも付きます。

シミが残ったまま収納するとカビの原因となります。

布に付いたシミは 洗濯前に取る! 放置するほど取れなくなります_

【衣類】しみ抜き方法すぐの応急処置が大事

衣類に着いた汚れは早めに落とすことが肝心。しみを放置するほど酸化して落ちにくくなるからです。外出先でシミがついてしまった場合には応急処置だけでもしておきます。



【革製品のカビを完全に除去する方法】



革製品は丸洗いできないため、カビが繁殖しやすい素材。

きっちり手入れしてカビ菌を除去しておくことが大事です。

例えば「革靴」「革のバッグやカバン」「革ジャン」など。

付いてしまったカビを落とすには「靴ブラシ」を使います。

起毛したスエードでも、ぬめし革でも同様。

軽いカビなら靴ブラシだけで落とせます。

起毛レザーの汚れは「スエード専用の消しゴム」でこすると取れます。

消しゴムを使う時は、玄関やベランダなど屋外で。

削りカスが大量に出るからです。

表面のカビを落とすだけでは再発することがあります。

しっかり洗うには革専用「レザーシャンプー」を使います。

¥1,795 (2024/05/12 09:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

革手袋や小銭入れなどの小物。

頻繁に使って汚れやすい名刺入れ、小銭入れ、キーホルダーも汚れがち。

バケツなどにシャンプーと水を入れて中まで洗えます。

使えない物もあるので注意が必要です。

●カビ落としにもカビ予防にも使えるヨードスプレー

革製品のカビ予防に最適なのが「有機ヨード」使用のスプレーです。

有機ヨードとは海藻などに含まれる成分。

うがい薬や医療用の消毒剤などにも使われています。

靴用のカビ取り剤に多いのが、アルコール系のもの。

けれどアルコールはカビ菌を不活性化するだけ。

しばらくすると再発することがあります。

カビを根絶できるのが、殺菌力の強い塩素系の洗剤。

けれど漂白力が強いため靴の色も落ちて革が傷みます。

ヨードは塩素系の漂白剤より除菌力が強く、臭いもありません。

低濃度では塩素系の漂白剤より除菌力があります。

カビが生えてしまった革靴にも使えます。

カビ菌の繁殖を防ぐので靴箱の中にスプレーしておくのも効果的。

表面を乾いた布で拭いてからスプレーを吹きかけて風通しの良い日陰に置きます。

2~3日おきにスプレーを吹きかけながら1週間くらい経つとカビ菌が消えます。

汚れが取れたらレザー用オイルを塗り、柔らかな布で拭き上げます。

【革製品のカビを予防する方法】



革製品は水が沁みないようにしておくことがカビ予防になります。

それは本革が肌と同じように水気を吸いやすいため。

例えば、なめし革なら「オイル」を塗り、起毛レザーなら「防水スプレー」。

なめし革に「防水スプレー」をかけるとシミになることがあります。

革製品は乾燥しすぎるとヒビ割れができるのが厄介。

特に直射日光に当たるとヒビ割れしやすくなります。

適度な潤いを保ちつつ、湿気が残らない手入れ法が必要。

オイルは塗りすぎないことがポイントです。

直接オイルを革に塗るとシミになります。

必ず布にオイルを付けて少しずつ薄く塗るのがコツです。

革靴や革ブーツの「ステッチ部分」にもオイルを塗り込んでおきます。

●革製品に使いやすいホースオイル

最高なのはミンクオイルと言われますが、希少なため非常に高価。

ホースオイルなら100%天然でも安く、ミンクオイルと同じ効果が得られます。

ヴィンテージの革ジャンとかジーンズの革ラベルなど。

硬くゴワゴワになってしまったものでも、オイルを塗ると柔らかさが甦ります。

天然オイルなので手に付けて塗りこんでも肌荒れすることがありません。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ソファーや車のシートなど子供やペットが座る場所にも安心して使えます。

●革製品は完全に乾いてから収納する

革製品は、完全に湿気を取り除いてから収納することも大事。

靴箱やクローゼットには湿気がこもりやすいからです。

ちゃんと乾かしたつもりでも、中のほうに湿気が残っていることがあります。

革靴が雨で濡れてしまった場合、完全に乾くのに「3日」くらいかかります。

革靴は、普段でも湿気を取り除いてから仕舞うことが大切です。

  • 同じ靴ばかり続けて履かない
  • 靴は一日おいてから収納する
  • 靴の中に丸めた紙などを入れて湿気を取る

靴は詰め物をしておくと型崩れしません。

割り箸と丸めた紙で型崩れを防ぐシューズキーパーの代用に!

【靴】手入れと詰め物で長持ちさせる楽な方法

靴は詰め物を入れておくだけでも長持ちします。詰め物で型崩れを防ぐことができるからです。丸めた紙を爪先に入れておくだけでも違います。

内部の湿気も取れるので、カビ対策にもなります。


Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail