【木材】無垢材の種類と特徴を活かした使い方

DIY木工で使いやすいのが、スギやマツなど針葉樹の木材

柔らかいので切りやすく、素人でも加工が容易にできるからです

ケヤキなど広葉樹の木材は硬く、加工しにくいですが、丈夫で美しいため家具などに適しています

固い木材でも、電動工具を使えば加工は可能

曲木もできると美しい家具などが作れます

加工しやすい針葉樹の板

針葉樹と家

ホームセンターなどで売られているパイン材やスギ板は、安価で加工しやすい針葉樹です

パイン材は主に北米産のマツを指しますが、日本にも様々な松の木があります

天然の油分であるヤニを含むため、白木のままでも美しい艶が出てきます

日本家屋で使われてきたのは、まっすぐな木目が美しいスギ

耐水性のあるヒノキは浴槽や風呂おけなどにも使われます

【様々なマツ材】

松は世界中に分布する常緑針葉樹ですが、マツ科にも様々な種類があります

代表的なのが「マツ属」のアカマツやパイン類

クリスマスツリーのような円錐形になるのが「トウヒ属」「モミ属」

秋に紅葉して落葉するのが「カラマツ属」です



●マツ科マツ属(常緑針葉樹)

乾燥しやすく、柔らかくて加工しやく、ヤニが多い木です

柔らかいため傷が付きやすく、曲がったり変色しやすいことが欠点

建築の構造材、敷居、枕木、割り箸、薪などに使用されます

アカマツは北海道南部から九州の内陸部に分布し、高さ25m、直径120cmほどに育ちます

北米産の輸入材が、イエローパインやホワイトパインです

●マツ科トウヒ属(常緑針葉樹)

やや桃色を帯びていますが、大気にさらされているうちに色が濃くなっていきます

ヤニが少なく、ほとんど臭いがないことが特徴です

軽く丈夫で加工しやすいですが、ヤニが少ないため耐腐朽性はありません

北海道のエゾマツが代表的な木材で、ロシアからの輸入品もあります

建材や建具のほか、ソリ、バイオリンやピアノなどの楽器、スピーカーなどにも使われます

●マツ科モミ属

白っぽい木材で、年輪がハッキリしており、節が大きなことが特徴です

白木のままでも美しいため、仏具や神具などに用いられてきました

軽くて柔らかいため加工しやすく、防虫性があり臭いがないため、食器や日用品などにも使われます

本州の中南部から九州の低い山地に分布しますが、北米産やロシア産の木材が多く輸入されています

●カラマツ(マツ科カラマツ属)

若い木は淡い色をしていますが、古木になるほど色が濃くなります

年輪がはっきりしており、曲がっていることが特徴です

ヤニが出やすく、乾燥中に割れたり狂いが出やすいことがデメリット

けれど耐水性が高いため、建築の構造部分や杭、土木用などに使われます

北海道から本州中部で産出される落葉針葉樹です


【香りの良いヒノキ類】

ヒノキ、スギ、シダーといったヒノキ科の木材には、特有の芳香があります

水に強く、虫を寄せ付けないため、建材としても家具材としても優れた木材です


●ヒノキ(ヒノキ科ヒノキ属)

心材は淡紅色で、辺材は白っぽい木材

年輪がはっきりせず、きめ細かで均質な肌には美しい光沢があります

香りが良く、耐久性が高く、水に強いため浴室にも使われる木材です

神社仏閣などの建築や彫刻に使われるほか、家具や曲げ物などにも適しています


●スギ(ヒノキ科スギ属)

心材は桃色がかったものから黒っぽいものまで様々

まっすぐで木目が美しく、通気性、防水性に優れています

ヒノキより柔らかいため加工しやすいですが、傷が付きやすいのが難点


安価で手に入りやすいため、建材、家具、樽、下駄、割り箸、造船など色々な用途で使われます

北海道南部から南の全国で植林されてきた、日本の代表的な木材です


●レッドシダー(ヒノキ科ビャクシン属)

アメリカ東部で産出されるイースタンレッドシダーは軽くて加工しやすく、腐りにくいのが特徴

やや脆いことが欠点ですが、ウッドデッキやフェンスの支柱などに使われます

防虫効果があるため、クローゼットやチェストの内側にも適した木材です


●ヒバ(ヒノキ科アスナロ属)

抗菌性のあるヒノキチオールを含んでいることが特徴で、日本産のヒノキには含まれません

軽くて柔らかく、水に強く保存性が高いため、建材のほか風呂おけなどにも使われます

耐久性が高いため、建築の土台などにも適した木材です

北海道南部から本州・四国・九州に分布しています


耐久性が高く美しい広葉樹の木材

広葉樹は成長が遅いため、組織が詰まって強度があり、傷が付きにくいことがメリット

硬いので加工しにくいですが、薪にすると長く燃え、耐久性が高く美しい木材です


【サクラ材】

サクラ材は褐色または赤褐色で、緑色の不規則な縞が現れることが特徴です

虫が付きやすいため、傷跡が斑点となっていることがあります

重くて硬く、加工しにくいですが、家具や楽器などに使われる木材です

サクラはバラ科サクラ属の落葉広葉樹で、北海道から九州まで全国に生えています


【カバノキ材】

シラカバ材は淡色ですが、菌による被害を受けやすいため変色していることがあります

軽くて柔らかいので加工しやすいですが、耐久性は高くありません

大きくならない木なので、小物やパルプの原料として使われます


シラカバはカバノキ科カバノキ属の落葉広葉樹で、北海道から静岡あたりまでの山に生えています

北米産のバーチ(黄樺)は重く硬い木材で、家具や内装、ドアなどにも使われます


【ニセアカシア材】

心材は緑色を帯びた黄色で、空気に触れるにつけて褐色になっていきます

辺材は白っぽい黄色で、心材とはっきり色が異なります

強度は高いですが、幹が曲がりやすいため大きな木材は取りにくい木です

耐久性が高いので造船、フェンスの支柱、枕木、家具など様々に活用されます

抗菌性があるため、食器類などに加工されることもあります

ニセアカシアはマメ科ハリエンジュ属の落葉広葉樹で、北米が原産地です

【キリ材】

心材も辺材も淡色で、年輪ははっきりしません

軽くて柔らかく、加工しやすい木材です

寸法が狂いにくいため、密閉度の高い家具を作ることができます

成長が早いため、娘が生まれたら植樹し、婚礼家具として箪笥にするという習慣がありました

キリはキリ科キリ属の落葉広葉樹で、北海道南部から南の地域で植林されています


【クリ材】

心材は褐色で、辺材は白っぽく、年輪がはっきりしています

重くて硬く、水に強いので耐久性がありますが、加工しにくく、道管が大きいため肌合いの粗い木材です

丈夫なので建築の土台や柱、枕木などに適しています

クリは、北海道南部から九州に分布している、ブナ科クリ属の落葉高木です


【ケヤキ材】

木目がはっきりしており、複雑な曲線を描きます

育った場所により、白っぽいものから赤褐色まで色は様々に変化します

重く、硬い木材で、湿気に強く耐久性のある木材です

ケヤキは、ニレ科ケヤキ属の落葉広葉樹で、本州から九州に自生しています

【クルミ材】

心材は褐色で、辺材は白っぽく、年輪ははっきりしません

木肌は粗いですが、加工しやすく、粘りがあり、狂いが少ない木材です

家具、彫刻、建材のほか、衝撃に強いため銃床にも使われます

クルミは、クルミ科クルミ属の落葉高木で、北海道から九州の山中で湿地に自生します

英語でウォールナッと呼ばれる木材です

【イチョウ】

やや黄色味を帯びた白い木材で、年輪がはっきりせず均質です

硬さは中くらいで、加工しやすく美しいため、建築、彫刻、漆器、家具、まな板などに使われます

イチョウは、イチョウ科イチョウ属の落葉高木で、針葉樹にも広葉樹にも分類されません

幹に道管がないことから、木材は針葉樹に近いといわれます

中国原産ですが、北海道から九州まで、古くから日本の街路樹や庭園に植えられています

【ヤナギ】

心材は淡い褐色で、辺材は白っぽく、色に違いがあります

木目が密でまっすぐ通り、軽くて柔らかいため、加工しやすい木です

昔は柳の茎を編んだ柳行李が、旅行用のスーツケースとして普及していました

ヤナギは、ヤナギ科ヤナギ属の落葉樹で、水辺や湿地に生えています


曲木にできる木材

水分の多い木は熱すると柔らかくなるため、曲木に適しています

木材に蒸気を当てて曲線に加工すると、優美な家具などが作れます

クギやネジで繋ぐより強度が高くなり、耐久性が良いことが曲木のメリットです


【ブナ材】

心材も辺材も桃色がかった淡色で、ところどころに丸く濃い色の部分があります

変色しやすく、腐りやすいため、耐久性は高くありません

加工しやすさは中くらいで、乾燥によって狂いが出にくい木材です

曲木しやすいため、脚付きの家具などに多く使われます

他には靴の木型、台所用品、玩具などに使われることもあります

ブナは、ブナ科ブナ属の落葉広葉樹で、北海道南部から九州に分布しています

ナラやコナラは、ブナ科コナラ属の落葉広葉樹で、英語でオークと呼ばれる木です

【ヒッコリー材】

心材は淡い褐色で、辺材は白っぽく、境界がはっきりしています

重く、硬く、割れやすいため、加工しにくいですが、丈夫で弾力性があります

工具のハンドルやスポーツ用品に最適で、蒸気曲げも可能

ヒッコリーはクルミ科ペカン属の落葉広葉樹で、アメリカ東部が産地です

【カエデ材】

カエデは、ムクロジ科カエデ属の落葉広葉樹

日本に自生するのはイタヤカエデで、北海道から九州まで分布しています

重くて硬く、加工しにくいですが、粘りが強いため曲木に適しています

メープルシロップが採れるサトウカエデは北米が産地です

硬く丈夫で、加工しやすく、衝撃に非常に強い木材

オイルステインで美しい木目を活かした家具、床、木製品に最適です

【ニレ材】

木目がはっきりして美しく、心材は淡い褐色、辺材は黄色っぽく白い木材

重く、硬く、加工しにくいですが、粘りがあるので曲木に適しています

ニレは、ニレ科ニレ属の落葉広葉樹で、北海道に多い木です

無垢材の良さは、経年劣化も味わいがあり美しいこと

ヤニの多い針葉樹の木材は、防腐剤が不要で、塗装しなくとも自然な艶が出てきます

解体して別のものに作り変えたり、薪として使ったり、地面に埋めて廃棄も簡単

道具と加工法を知ると、家具なども手作りできます

DIYの幅が広がる!どんな電動工具で、どんなことができるか

【木材】自分で家具を作るDIYの道具と加工法

家具は基本的に「箱」のバリエーションです。ですから板を切って繋げるだけで様々な家具が作れます。ローボードなどの収納家具は、横長の箱に仕切りや棚板、扉などを付けたもの。まずは作りたい物の形と大きさを決めて、簡単でいいので図面を描いておくと作業がスムーズ。


敷地内にある木を伐採すれば様々に活用できます

自分で木を切る 庭木の整理・薪の調達 板や角材に加工する

【DIY】木を切る道具と伐採する時のポイント

冬は木を切るのに適した季節です。地面の雑草も、木の葉も少なく、作業がしやすいからです。樹液が少なく、木が乾燥していることで、切りやすくもなっています。伐採は重労働なので、汗だくにならずに済みますし、虫刺されの心配もありません。地面に雪が積もっていれば、丸太を滑らせて運ぶことも可能です。


当ブログの記事を整理して電子書籍で出版しています。

Unlimited会員なら無料でダウンロードできますので、よろしかったら覗いてみてください。


Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail