【コーヒー】おすすめ香りを楽しむドリップ

家庭用コーヒーメーカーの多くが「ドリップ式」

ドリップ式で淹れたコーヒーは、香りの良さが特徴です

お湯をゆっくり注ぐので、コーヒー粉の成分を損ないません

コーヒーの淹れ方は大きく4つに分類されます

  • ドリップ式
  • サイフォン式
  • カフェプレス式
  • エスプレッソ式


コーヒーを淹れる4つの方式

マグカップとコーヒー

コーヒーを淹れる方式の違いは「お湯の注ぎ方」と「コーヒーの抽出方法」。

電動コーヒーメーカーには、ドリップ式、サイフォン式、エスプレッソ式があります。

どれも昔は手動で淹れていた方式で、エスプレッソも直火にかけて圧力を加えていました。



【ドリップ式】

上からお湯を注いで、下の穴から落ちてくるコーヒーを受け止める方式。

【サイフォン式】

下から「水蒸気」でお湯を押し上げてコーヒー抽出する方式。

【カフェプレス式】

容器にコーヒー粉とお湯を入れ、上からフィルターを押し下げて粉と液を分ける方式。

【エスプレッソ式】

お湯に圧力をかけながらコーヒーを抽出する方式。

美味しいドリップコーヒーの淹れ方

ドリップするコーヒー

ドリッパーは底に穴の開いた逆三角形の容器。

ここにフィルターをセットしてからコーヒー粉を入れ、お湯を注ぎます。

ドリッパーの穴から1滴ずつコーヒーが落ちて下の容器で受け止めます。

自分で淹れる時にはポットを回しながらお湯を注ぎ、コーヒー粉の全体を蒸らすようにします。

コーヒーメーカーなら自動的に注ぐお湯の分量や注ぎ方を調整してくれます。

  • お湯の温度
  • コーヒー粉の分量

2点に注意すれば手動でも美味しいコーヒーが淹れられます。

【お湯の温度】



ドリップ式やカフェプレス式で淹れる場合に大切なのが、お湯の温度。

コーヒーを淹れるお湯は「90℃」が適温です。

お湯の温度が高すぎると、雑味や苦みが出てしまいます。

温度が低すぎると、成分が抽出できず薄くなってしまいます。

沸騰して100℃になったお湯を火から下ろして2~3分おいてから注ぐと適温になります。

【コーヒー粉の分量】



コーヒー粉が多すぎると無駄ですし、少なすぎると味が薄くなります。

  • 1人分:16g
  • 2人分:24g
  • 3人分:32g

大さじ1杯で5gです。

【ドリップ式でコーヒーを淹れるコツ】



お湯を注ぐ時には「の」の字を描くように。

中心から外へとポット口を回しながら注いで、全体に湿らせます。

20~30秒くらい蒸らしてから、また細くゆっくり渦巻き状にお湯を注いでいきます

お湯がドリッパー内に少し残っている状態で外すのがポイントです。

最後まで落としきると雑味が出てしまうからです。

お湯を少しずつ注げる口が細いポットを使います。

少しずつ、ゆっくり、お湯を注いでコーヒー豆を十分に蒸らすためです。

普通のヤカンでザーっとお湯を注いでしまうと、コーヒー成分が抽出しきれず薄くなってしまいます。

お湯は、ヤカンや電気ポットで沸かしてからポットに移すと適温になります。

コーヒー用ポットを直火にかけなければ、美しい光沢が保てるのもメリットです。

●何度も使える「ネル地フィルター」

使い捨てできるぺーバーフィルターは楽ですが、ネル地のフィルターなら洗って何度でも使えます。

ハリオ製のは取っ手が木製。

いちいち洗ったり、定期的に煮沸したり、ちょっと面倒。

2枚の予備を用意しておけば、すぐ使えます。



美味しいコーヒー豆の選び方

コーヒーをドリップする

コーヒーの美味しさは、淹れる方式よりも「豆そのものの質」に左右されます。

焙煎の仕方によっても味は大きく変わります。

コーヒー豆もコーヒー粉も、きっちり密閉できる容器に入れておくことが大事。

コーヒーは、とても臭いを吸着しやすいからです。

冷蔵庫に入れると他の食品の匂いが移ってしまいます。

ですから残ったコーヒー粉は、冷蔵庫や下駄箱の脱臭剤として使えます。

【コーヒー豆の種類】



コーヒーの味わいは、豆の「酸味」「苦み」「コク」「香り」のバランスによって変わります。

バランスが良いのは「グアテマラ」「ブルーマウンテン」「ハワイコナ」「ブレンド」。

コーヒーの酸味はフルーティな柑橘系で、代表的なのが「モカ」。

爽やかな味わいなので朝の目覚めにピッタリです。

苦みが強い「マンデリン」「ブラジル」「コロンビア」は、口の中がサッパリして食後に最適。

【美味しい挽き立てコーヒー】



本当は焙煎したてがベストですが、家庭で焙煎は無理。

せめて豆を挽いてから淹れると「香り」も良く美味しいコーヒーが楽しめます。

ハリオ社の手動ミルは豆を均一に挽くことができ、細かく挽いたり粗く挽いたり調整できます。

お手頃価格が◎

幅16×奥行10×高さ19cmの小さなミルは、1~2杯分の豆が挽くのに丁度いいサイズ。

コーヒーの香りを楽しみながら、お気に入りの小説を読むのが休日の楽しみ。

森博嗣さんの小説では、登場人物たちが頻繁にコーヒーを飲んでいます。

どのシリーズも面白くて3回は繰り返し読んでいますが、読むたびに発見があります。

読書コーナーに欲しいのが座り心地の良いソファです。

一人掛けソファーで作る快適な読書コーナー♪

【家具】読書や映画鑑賞に最適な一人用ソファー

長時間ずっと座りっぱなしになるのが読書や映画鑑賞。体を預けるようにして座っていられるソファーが快適です。とはいえ一人で楽しむ時間に長椅子は必要ありません。

 美味しいコーヒーと座り心地の良いソファーがあれば、快適な読書タイムが過ごせます。

Facebooktwitterlinkedinrssyoutube
Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail